にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生よ、旅に出ろ。

大学院生が綴る、旅を始めたい学生&旅初心者に向けた旅ブログ

台湾一周バイク旅3日目(台東→花蓮)

どうも、きぶです。

 

 

アクシデントを乗り越え、いよいよこれから北上する旅路。

 

 

台東市の農家宅で目覚めの良い朝を迎えます。

しかし、天気予報は傘マーク…

 

 

 

目指せ無料極楽湯、渓畔温泉! 

f:id:kiblog16:20170205131916j:plain

 

農村地域の朝は空気も澄んでいて気持ちが良いです。

 

台湾では一般的に朝ごはんを外食で済ませるそうなので、街の朝ごはん屋さんへ

 

f:id:kiblog16:20170205132219j:plain

(街の朝ごはん屋さん、何軒かあります。)

f:id:kiblog16:20170205132312j:plain

(パン屋スタイル、好きなものを取ってお会計をします)

f:id:kiblog16:20170205132407j:plain

(餃子と卵焼きと肉まん?のようなもの、これで30元いってないかな)

 

美味しい朝食を楽しみながら、東さんと本日の作戦を練ります…

 

f:id:kiblog16:20170205132650p:plain

台東市から花蓮市までのルート)

 

海ルートと山ルートがあります。

 

海ルート:有名な観光名所が幾つかある。海が綺麗。

山ルート:中間地点に温泉がある。道が平坦。

 

 

 

山ルートを選択。

 

 

なぜかって?

 

 

 

海沿いの崖…

 

 

 

マジで怖い…

 

 

あんな崖を通るくらいなら、特に何もなくても平坦な道で進みたい。

その思いから山ルートを選択しました。ひとまず無料温泉を目指すことに。

 

 

f:id:kiblog16:20170205133312j:plain

 

渓畔温泉の途中にある鹿野高台に立ち寄る。

こちらはハンググライダーが体験できる高台、絶景です。

 

f:id:kiblog16:20170205133636j:plain

(滑走路。怖すぎですわ…)

 

f:id:kiblog16:20170205133753j:plain

(この後、ガチで野犬に追いかけられます。常に狂犬病との戦い。リアルバイオハザード…)

 

高台の景色を堪能した後、再びバイクを走らせます。

 

f:id:kiblog16:20170205133937j:plain

(農村地域の道路、ただただ何もない・・・)

 

ここからは本当に何もない道を走り続けます。

見慣れない畑がたくさんあるので、そんな風景を眺めながら楽しみ方を探します。

そして雲行きがどんどん怪しくなるわけです…

 

f:id:kiblog16:20170205134234j:plain

(台湾のお墓です。合掌。)

 

途中、このような墓地がいくつかあります。

不謹慎ながらカメラのシャッターを切りました。

テーマパークのような・・・日本との違いを楽しみます。

 

f:id:kiblog16:20170205134505j:plain

 

そして到着、渓畔温泉!

花蓮まではあと半分ほどです。

 

右側下ったところ、川ぞいに無料の露天風呂があります。

 

f:id:kiblog16:20170205134622j:plain

(おじいさんだけが入湯していました。)

 

さて、着替えましょうか。

 

どれ、脱衣所は…

 

 

 

ん?・・・

 

 

 

まさか・・・

 

 

 

 

ない?

 

 

勝手がわからなかったので、しばらく温泉を眺めることに。

 

 

するとひとりのおじいさんが温泉の方へ・・・

 

 

どうするんかな、探ろう…

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

?!

 

 

 

草むら?!

 

 

 

 

そう、この無料温泉、

 

脱衣所はありません。

 

 

川べりの死角で着替えます。

(道路から丸見え。もはや死角でもない。笑)

 

 

 

※ちなみに、台湾の温泉は水着着用が必須です。

 

 

 

なので私も川べりで水着に着替えます。

人がいないのが幸いでした。笑

 

 

温泉はというと・・・湯加減抜群!

冷え切った体をしっかり温めてくれます。

まさに極楽湯!これが無料というのが本当にありがたい。。

貧乏バックパッカーにはありがたきスポットです。おすすめ!!

 

 

温泉では先客の台湾人おじいさんと、後から入ってきたオーストラリア人とインドネシア人、そして私の4人で楽しく会話をしていました。

 

基本的に観光客は川の上にある有料温泉施設を利用するみたい。

さすがにこの無料温泉は日本のガイドブックにも掲載されていないか?

この一帯は温泉街なので、日本からの観光客もいるのかしら。。

 

 

現地民に別れを告げた後、再びバイクを走らせます。

しかし雲行きはさらに怪しく…

 

 

【教訓ポイント】

温泉に行きたいのであれば水着を持参せよ!

 

 

 

そして降り出す雨…極楽から地獄の湯冷め旅

f:id:kiblog16:20170205135204j:plain

(北回帰線標、巨大なやかんの正体は不明…)

 

温泉を後にする。しばらく走って謎のオブジェ

 

 

休憩を取っていると…ついにヤツが来た。

 

 

 

降り出す雨

 

 

覚悟はしていたがここでくるか…

カッパを着るも、湯冷めが半端ない…

前日は半袖で過ごせましたが、この日は気温も低く長袖必須状態でした。

 

雨と風、そして湯冷めからくる寒気…

 

海沿いの道とは違うガクブル感に苛まれながら走り続けます。

寒すぎて寒すぎて・・・

 

 

ここから先、

到着まで写真はありません。

 

 

実際、結構しんどい思いをしています。

道がずっと一直線なので、警察のスピード違反取り締まりもあります。

花蓮までの道で3箇所くらい実施していました。

そんなプレッシャーもあり、寒気もあり、走るだけで精一杯。。

 

 

そんなこんなで・・・2時間・・・

 

 

f:id:kiblog16:20170206192738j:plain

 (コレ晴れていますが、翌日の写真です。悪しからず…)

 

なんだこの赤提灯街は!?

 

 

原住民が住んでいるガチの田舎道を走ってきたため、

あまりの栄っぷりに興奮冷めやらぬ状態です。

 

町中が赤提灯だらけです。

 

そう、花蓮市に到着しました。

 

本日はホストに断られ続けたため、ドミ宿泊でございます。。

 

f:id:kiblog16:20170209101951j:plain

出典:www.booking.com

f:id:kiblog16:20170209102000j:plain

出典:www.booking.com

www.booking.com

 

花蓮駅徒歩1分ほどのドミ。390元…1400円!

安い!綺麗!駅近!おしゃれ!大規模!

5拍子揃っているドミです。花蓮市内で宿泊の際は絶対ここ!!

 

シャワーを浴びた後、爆睡をかまします。

台湾のドミは本当どこも安くて綺麗で楽しいですわ。。

 

 

【教訓ポイント】

天候の変化が激しいので雨具と防寒具を準備しよう!

 

 

 

今宵の夜市:東大門自強夜市

f:id:kiblog16:20170205140123j:plain

目覚めてから花蓮市内を散策します。

 

f:id:kiblog16:20170205140206j:plain

花蓮といえば、東大門自強夜市が有名です。

とにかく規模がでかい!休日ではなかったため、そこまで混雑していませんが、それでもたくさんの人で賑わっていました。

 

f:id:kiblog16:20170205140421j:plain

(東大門自強夜市の特徴は、アトラクション系の出店が数多くあることです。)

f:id:kiblog16:20170205140602j:plain

(夜市の帰り、花蓮に来たらここ!と言われる公正包子店へ行きました)

f:id:kiblog16:20170205140708j:plain

(1個5元ですよ!18円!しかも激ウマ!)

 

小籠包をしこたま買ってドミへ。

泣けるうまさ。これは日本で売っていないのか?うますぎる。

 

花蓮市は台湾一周した中でも2番目におすすめの地域です!

これぞ台湾!といったイメージが凝縮されている街です。

 

 

よなよな酒と小籠包をつつくのでした…

 

 

明日はついに台北…

変わらず雨予報。。

この時すでに最悪の情報を入手していました。

 

 

大都会台北入り目前なのに、

まさか台湾一周バイク旅で最悪の日になるとは。。

 

 

 

続く。。