にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生よ、旅に出ろ。

大学院生が綴る、旅を始めたい学生&旅初心者に向けた旅ブログ

台湾一周バイク旅2日目後編(高雄→台東)

どうも、きぶです。

 

1日目その①が思いの外、長くなってしまいました…

 

山越え編です。

 

 

 

ガス欠!?試練の山越えへ…

f:id:kiblog16:20170205104038p:plain

 

恐らく今、紫のピンあたりまで進んできました。まだ午前中のはず…

 

f:id:kiblog16:20170205103954j:plain

(いよいよ山越え、険しそうな予感・・・)

 

台東まで80kmの表示、これは意外とスムーズだな。

余裕の表情を浮かべていました。

 

そんなこんなで峠を登り始めます。

道は二車線から一車線に減少し、車の通りも心なしか少なくなった気がします。

 

ちなみに、ここまでガソリン補給をしておらず、残量が次第に怪しくなってきます。

 

それなのに、ガソリンスタンドは一向にみつからず…

なんとか頑張って山頂付近に到着。

 

唯一発見した寺院に立ち寄り休憩を取る事に。

 

f:id:kiblog16:20170205104652j:plain

(謎の寺院が現れる。誰もいないのに炎が煌々と燃え盛っています。)

 

ちなみに、山頂付近です。なんとかここまでやってきました。

しかしですね。

 

 

 

ここまでガソスタなし。

 

 

さすがに焦っています。

 

 

なぜなら・・・

 

 

 

すでにFランプ点灯中だから

 

 

 

そう、すでにガスが欠っているんです。笑

 

 

幸いなことに、ゆっくり回せばまだ走るといった状況でした。

ただ、次第に走りが遅くなっていく…危機的状況に変わりはありません。

 

 

救いだったのが山頂であったこと。

 

 

ほぼ下るだけなんですよね。

しかし私、ネット環境が整っていません。

政府公認施設かコンビニがないと何もできません。

 

ゆえにガソスタがあと何キロなのか調べることもできません。

 

 

まさに危機的状況

 

 

f:id:kiblog16:20170205105530j:plain

(寺院から薄っすら町らしきものが見えます。ただここからはかなりの距離…ガスはない…)

 

途方に暮れていると、町らしきものを発見。

どうしようもないので、アクセルを極力かけず、

 

惰性で走ることにします!

 

 

ちょうど山頂から山下りをするチャリダー集団に遭遇します。

 

謎のバックパッカー

チャリダー集団と並走の巻

 

 

20-30km/hで山を下ります。

 

そりゃ車からすれば狭い道をノロノロ走るバイ

 

 

当然、イラつきますよね。

 

案の定、トラックの追い越しに神経を削られます。

 

 

 

クラクションの嵐

 

 

そらそうよ。

 

チャリダー「こいつなんで一緒に走ってるんや?」って思うわな。笑

 

 

神経をすり減らし、チャリダーからの謎プレッシャーに耐えること30分…

 

f:id:kiblog16:20170205110404p:plain

(※この時、たまたま胸ポケにiPhone入れて動画を撮影していました。)

 

 

キターーー(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

早速、給油しますよ!!

 

f:id:kiblog16:20170205110741j:plain

(別の場所の写真です。このようにガソリンに番号が振ってあります。)

 

台湾一周バイク旅を決行するために、重要なのが給油です。

 

バイクレンタルの際に「95リッターガソリン入るよ!」と言われ、

そんなわけないだろアホか!と突っ込んでいました。

 

ガソスタに到着し、そこで勘違いに気づくわけです。

なるほど、95のガソリンを入れろってことかと。。

 

 

加油!95!」

 

これで事は済みます。※すべてのバイクが95ではありません。事前確認を!

 

 

加油:ジャーマン(German←この発音でいける)」

→意味は満タン

「95:ジィウーまたはジィシューウー」

まあ指差しでいけますね。

 

リッター98円はなかなかの安さですね。さすがです。

そして給油後無事、山を越えるのでした…

 

 

【教訓ポイント】

給油は余裕を持って!田舎道にガソスタはありません!

 

 

 

台東到着!台湾人農家の豪邸に宿泊?

f:id:kiblog16:20170205112804j:plain

(山越え後、次は海沿いの崖を震えながらひた走ります…)

 

フィリピン海沿いの崖をひた走ります。

日本と違い、波消しブロックがおかしなところにあるので

 

場所によっては波を浴びます。

 

また、異常に高い海沿いの崖を走ります。画像はありませんが、柵も低く、崖下がみえるクールスポットです。小心者の私はガクブル状態でした。

 

f:id:kiblog16:20170205113244j:plain

(台東に向かう途中、台湾一美しい駅があります。日本人観光客はいませんでした。)

 

多良火車站(多良駅)、絶景です。

日本人が台湾を旅行する際、まず来ないスポットだと思います。おすすめ!

 

f:id:kiblog16:20170205114015j:plain

(まさに絶景、中国人?台湾人観光客はたくさんいます)

 

f:id:kiblog16:20170205114141j:plain

(その後町までバイクを走らせ…)

 

f:id:kiblog16:20170205114227j:plain

(遅めの昼食をいただく。焼きそば?60元(220円)。隣の現地民はすでにビール飲んでいる…)

 

f:id:kiblog16:20170205114520j:plain

台東市到着!!

16時ごろでしょうか。まだ2日目なのに達成感に浸っています。

 

www.booking.com

 

台東市内にも400元前後の激安ドミはあるみたいですね。

しかも結構あるぞ…

 

 

しかしですね、

 

 

WiFiが飛んでいる場所に移動し、Couchsurfingですよ。

 

 

 

 

そう、本日は

 

 

 

台湾人農家のお宅に宿泊!

 

 

 

連絡をして待ち合わせ場所へ向かいます。

 

 

f:id:kiblog16:20170205114819j:plain

(立派なお家です。ゲスト用の離れも完備されています!)

 

ホストの東さんは日本に留学経験があり、英語よりも日本語の方が得意とのこと。

これは救われました。

台湾事情から日本のことまで、様々な話題について話すことができました。

 

f:id:kiblog16:20170205114854j:plain

(いわゆる南国野菜や果物を作っているみたい。)

 

f:id:kiblog16:20170205115154j:plain

(家全体が骨董品です。日本じゃ考えられない…驚愕)

 

f:id:kiblog16:20170205115524j:plain

(日本にはない謎の果物。とても甘くて…なんだろう。練乳のような…)

 

f:id:kiblog16:20170205115641j:plain

(台湾の一般的な家庭料理らしい。自宅にも回転テーブルがあるのか)

 

夕飯もご馳走になりました。こんな体験普通できないわな。

魚から肉から、美味しい料理を堪能しました。

会話も弾むので、本当に楽しく過ごすことができました。

 

いやー本当に貴重な経験、ありがとうございました!

 

 

f:id:kiblog16:20170205115940j:plain

 

3日目は花蓮市を目指します。

予想ではこの3日目が一番楽な道のりのはず…

 

 

 

続く…