にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生よ、旅に出ろ。

大学院生が綴る、旅を始めたい学生&旅初心者に向けた旅ブログ

台湾一周バイク旅1日目(日本→高雄)

台湾バイク一周旅

どうも、きぶです。

 

 

突然ですが、皆さんは性なる聖なる夜…

 

クリスマス

 

いかがお過ごしでしたか?

 

 

 

 

 

 

はい、興味ないです。

 

 

 

クリスマスが近づくと、なんだか周囲がざわつき始めます。

ロンリークリスマスを避けたい民たちは、同類の群れを成し、宴の計画を立てる…

そしてリア充たちは国力増強社会貢献運動に勤しむ…

 

 

 

しょうもない

 

 

ということで12月25日

 

 

くすぶっていた旅心に火をつけ、ロンリークリスマスを回避するため

 

国外逃亡を図ったわけです…。

 

 

 

元はと言えば、東南アジアをバイクで旅したいなとぼんやり思い描いていたのですが、さすがに海外素人の私。いきなりチャレンジするのもリスキーだなと怖気付く。

 

そこで親日国でかつ、日本語が通じると世間では言われている台湾を選択。

東南アジアよりはリスクが低く海外旅の良い練習にもなると考え、

バイク一周旅を企てたワケです。

 

f:id:kiblog16:20170204221508p:plain

(紫のピンが台北市

 

一般的に、台湾に行く=台北に行くとなりがちですが、

今回はあえて高雄市をスタートとしました。

 

事前にリサーチした際、バイクレンタルが台北にはあまりないらしく、また関空から高雄行きが安かったという理由からです。これは一周してわかったのですが、台北は本当にバイクレンタルが見つからないので、高雄市から始めることをおすすめします。

 

 

 

国外逃亡!台湾に飛ぶ

f:id:kiblog16:20170204221348j:plain

高雄国際空港

そんなこんなで高雄国際空港に到着。

 

 

チッ。クリスマスツリーあるんけ。。。

 

 

実際、高雄市でクリスマスツリーがあったのは空港だけでした。

台湾は日本ほどクリスマスムードではないみたいです。

 

 

 台湾に到着したので、まずは両替を行います。

他のサイト曰く、現地(台湾)空港内が一番手数料が少なく両替ができるそうです。台湾国内だと、銀行や百貨店で両替を行うことが可能です。

日本国内では台湾ドルに替えない方が良いみたいですね。ご注意を。

 

ということで、30,000円を台湾ドル(元)に両替。

この時のレートが大体3.7円(1元)でしょうか。そのくらいです。

およそ8,000元を手に持ち次の目的へ。

 

 

台湾国内で使えるWiFiルーターを借ります。

 

f:id:kiblog16:20170204222742j:plain

(ロビーの端に何社かSIMショップがあります。)

 

 私「日本語大丈夫ですか?」

A店員「・・・」

私「(チッ、全然日本語通じんがな。)」

私「えー、、、キャンユーボロウミーザWiFiるーたー?」

A店員「Router? What?」

私「ええ!?(何て言えばいいんや…)モバイル、ポケット…」

A店員「Oh, SIM card? OK, please write…」

私「違う!No!!! WiFi router!!!!!!」

A店員「(日本語訳)あーわかった。それうちにないわ。B店やで。」

 

 

・・・B店に行く・・・

 

 

私「キャンユーボロウミーザWiFiるーたー?」

B店員「(日本語訳)あーそれうちにないんだよね。さよなら。」

私「(日本語訳)おいーじゃあどこにあるんや?教えてくださいよ。。」

B店員「(日本語訳)知らんわ。インフォメーションに聞きよ。」

 

 

・・・インフォメーションへ・・・

 

私「(日本語訳)WiFiルーターってどこで借りられます?」

Info「(日本語訳)あーそれね。A店ですよ。」

私「(ふざけんなよ、あいつら…A店じゃねえか・・・#a%&!"0^)」

 

 

・・・再びA店へ、ルータージェスチャーiPhoneWiFiをみせる・・

 

A店員「(日本語訳)あーなんだそれかよ!予約してんの?」

私「え??????してないですけど・・・」

A店員「じゃあ無理だわ。どんまい!」

 

 

・・・・・・・・・

 

 

私「ファ!?」

 

 

ということで交渉虚しく、事前予約なしにWiFiルーターをレンタルできないという、海外渡航経験者なら常識とも言えることを知らずに爆死しました。

 

SIMフリー携帯でもなかったので、SIMカードも借りれず。

WiFiなしにネットができません。

(厳密に言えば使えますが、莫大な料金になる恐れがあるため使えません)

 

 

そう、この旅は結局

WiFiルーターなしで決行されます。

 

 

さすがに完全にネットなしはやばいので、インフォメーションに相談・・・。すると、政府公認WiFiである”iTaiwan"の利用登録ができるとのこと。早速登録を行いました。

 

台湾国内の銀行や郵便局、政府公認の建造物の近くで無料のWiFiが使えるようになりました。あぶない・・・

 

 

今後は郵便局銀行

および、たまに登場するセブンイレブン

私のセーブポイントとなります。 

 

 

【教訓ポイント】

出発前にWiFiルーターを予約しよう!

 

 

 

宿はどこ?いざ高雄市へ!

f:id:kiblog16:20170204225258j:plain

そんなこんなで高雄国際空港から、高雄市内に地下鉄で移動します。

 

f:id:kiblog16:20170204225411j:plain

(雰囲気は日本の地下鉄と似ています。ただ、利用者が思いの外少ないです。)

地下鉄では券売機?のような機械から謎のコインを買います。

 

f:id:kiblog16:20170204225518j:plain

こいつ。名前は忘れましたが、Suicaの要領で改札前のセンサーにコインをタッチします。改札から出る際は切符の要領でコインを改札口に通しておしまいです。

 

 

 申し遅れましたが、この旅の宿探しはすべて

CouchsurfingBooking.com

このふたつを駆使しています。

Booking.com

 

Couchsurfingは日本では馴染みが薄いかもしれませんが、海外では旅行者に大人気のアプリです。具体的には、指定した地域でホストを探し、宿泊交渉を行うというシンプルかつ画期的なアプリです。このアプリを使えば宿代を0円で済ませ、かつ現地の文化に触れるという最高のイベントを経験することができます。基本的には台湾一周中、すべての到着予定地でこのCouchsurfingを使ってホストと交渉しました。

都合が合わなかったり、交渉が決裂してしまった場合は、当日予約に強いBooking.comですばやくドミトリーを予約。宿泊に関してはほぼ無計画でした。笑

 

 

そんなこんなで地下鉄で美麗島駅まで移動。

おそらく高雄市を観光する方はここで降りるんじゃないかな?

 

 

下車後、ネットが使えません。

iTaiwanは市街地ならどこでも使えると思っていましたが…

 

全く使えません。

 

 

目的地のドミトリーが全く分からず…

同じ道を5往復くらい1時間ほどさまよう…

※最終的に道行くカップルに聞いて解決しました。

 

 

【教訓ポイント】

宿の場所は事前に確認しよう!WiFiはコンビニ周辺で使えます!

 

 

 

言語力皆無の日本人が台湾でバイクを借りてみた

f:id:kiblog16:20170204231137j:plain

高雄市内のドミトリー。奇跡的に日本語を流暢に話すスタッフが在籍していました。)

 

初日は落ち着いて計画を立て、現地の空気に慣れたいという思いから個室ドミを予約。1泊650元ほどで個室に宿泊することができました。施設内がめちゃくちゃ綺麗で、日本語スタッフも在籍しているため、このホステルは本当におすすめです!

f:id:kiblog16:20170209102239j:plain

出典:www.booking.com

www.booking.com

 

六合夜市まで徒歩100mです。まさに目と鼻の先!

 

ホステル到着後、高雄市内のカウチサーファーからバイクレンタルについての情報を仕入れていたため、駅へ直行ー

  

f:id:kiblog16:20170204231756j:plain

バイクショップでは若者たちがたむろしていました。自由です。)

なんとなく駅方向に向かい、路地をウロウロしているとバイクショップを発見。

どうして良いのかまったくわからなかったので、とりあえず入店…

日本語でまくし立てるも返答なし…ここでもか。

 

ここでも英語交渉となるわけです。

バイクを貸してくれと必死のアピール。

 

しかしTOEICリスニングパート330のゴミカス学生…

相手の発言内容をなんとなく理解するも返答ができず…

 

途中からグーグル翻訳を介して会話をしていました。

 

かたじけねえ。

 

相手も相手で中国語を英語にできず苦戦してたみたい。お互い大変です。

 

f:id:kiblog16:20170204232234j:plain

(なにやら日本語表記のバイクが…これは?!まさか…笑)

 

f:id:kiblog16:20170204232518j:plain

(空気が汚れているため、バイクも汚れやすいです。埃まみれでした。)

結論、英語ができなくてもバイクを借りることは可能です。

パスポートと日本の免許証、そして免許証の中国語翻訳とお金があれば大丈夫!

 

ちなみに、この125ccスクーター(きむ子と命名)が6泊7日で2,000元、デポジットが3,000元です。

 

残り3,000元…

 

予想以上の出費…デポジット高すぎ…

 

 

スクーター以外にもバイクの種類があるみたいなので、ネット予約で確認してください。ヘルメットは無料で貸してくれます。

そんなこんなでドミまでバイクを運ぶ。

 

 

【教訓ポイント】

デポジットの出費を考えて、多めに両替しておこう!

 

 

 

今宵の夜市:六合夜市 

f:id:kiblog16:20170204233100j:plain

高雄市最大の夜市、六合夜市はクリスマスの夜も大盛況)

 

ホテルに荷物とバイクを置いたらやはりこれ!

台湾といえばやはり夜市!初の夜市でしたがすごい!(匂いが…)

 

これから幾度と訪れることになる夜市。ここでは英語も日本語も通じないため、大学2年間受けたチャイ語(乳幼児レベル)、および北京への短期留学(2週間w)の経験が生かされるわけです。釣魚島問題に揺れ国内が暴徒化していたあの時代の北京で培ったハングリー精神、そしてただただ無意味だった中国語検定準4級(取るだけ無駄なゴミカスレベル)の力を発揮する時がきたわけです。

 

ただ、冗談抜きに数字くらいは喋れると非常に便利です。

あと、数字を聞き取れないと結構苦労します。

※ゆえにこの旅では数字を使う機会が多々有ります。

 

f:id:kiblog16:20170204233422j:plain

牛肉麺、野菜等の具は麺の下に沈んでいます。お値段は100元、約370円)

まあメニュー表指差しで何の問題もないわけですが…笑

やはり牛肉麺(にゅうろうめん)は最高にうまい。日本人の口に合います。

台北を除き、どこの地域でも牛肉麺100元が相場のようです。

 

f:id:kiblog16:20170204233550j:plain

(数年前、日本でもブームを巻き起こしたトルコアイス…)

トルコアイスのオヤジ…陽気でした。

台湾で見た唯一のサンタクロースです。笑

それ以外、だれもクリスマス感を醸し出していませんでした。

 

 

f:id:kiblog16:20170204233935j:plain

※ちなみに、このサンタオヤジの横の店が青空刺青市でした。

衛生的にどうなんですかね…まあそんなこと気にしてないのかな。

露天で刺青屋さんやっちゃう感じ…すごい…笑

 

 

f:id:kiblog16:20170204234117j:plain

(美味しそうな匂いを漂わせ、お肉が並んでいます。)

f:id:kiblog16:20170204234138j:plain

(魚介類やホルモンなどが綺麗に並べられています。)

さすがに、店先に出している生物を買って食べる勇気はありませんでした。

海外素人の私にはちょっとハードルが高かったです。

ただ、ディスプレイ的にはきれいで面白かったですね。

 

 

f:id:kiblog16:20170204234327j:plain

(露天の前で注文をすると、奥にあるテーブルに案内されます。)

 

f:id:kiblog16:20170204234352j:plain

(ちなみに台湾ビールは1缶25元(92.5円)、じゃがビーは定価です。)

台湾にもセブンイレブンファミリーマートがあり、多くの日本語商品が取り扱われています。セブンには無印コーナーもありました。

 

 

そしてホテルに帰宅。

翌日から始まる長いバイク旅に備えるのでした・・・

 

 

 明日は高雄市から山を越え、台東市を目指します。

 

 

 

続く。